スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ12月です!

早いもので、今年最後の月がやってきます。
今日は、そんな訳で、うちの「もみの木」の飾り付けをしました
IMG_2971.jpg
今年1年で、ぐぐ~んと成長した、我家の息子と「もみの木君」。

今までは、色々ぐるぐる巻いたりしましたが、脚立では、
足元のグランドカバーのグリーン達もあって不安定で、
オーナメントを引っ掛けるのが、精一杯
(本格的に、頑張るには足場を組まなきゃならなくなって来ました

もみの木のトップに飾るは、お隣の別荘のHさんが、
ムロママのへっぴり腰を見て、心配してか・・・
脚立の上段まで登って着けて下さいました(感謝です

そして今年初の試みを、番頭さんと2人でチャレンジ(って大層ですが・・・
ワイヤーアート風に
IMG_2973.jpg
番頭さん作「merryXmas

IMG_2972.jpg
ムロママ作「welcome

IMG_2974.jpg
ムロママ作「cafemuro」

分かるかな~



そして先日、カフェ・ムロが、金沢の「宇吉堂」さんに共感して、
東北の子ども達に絵本を贈り、その窓口をして下さった仙台のSさんから、
素敵な詩集を贈って来て下さいました
IMG_2956.jpg
詩集『言葉のちから』は、全国の障害を持つ人たちが「自分たちは泥かきやボランティアには、
行けないけれど、言葉で被災地を応援したい」
と書いて下さったものです。
公募で集まった中から、福島の詩人和合亮一さんらが30篇ほどを選び
Sさんが働いている『BE I 』の子ども達が絵を描き、完成した素晴しい詩集

その中の詩を1つご紹介しましょう

       大切な日々
                      安藤朱美(東京都世田谷区・57歳)
 
 優しく触れる大きな手が とっても大切だったことを
 なにげない毎日が とっても大切だったことを
 1滴の水が とっても大切だったことを
 夜の明るい灯火が とっても大切だったことを
 みんな みんな あの日 私は気がついた
 
 生きていくことの苦しさを
 生きていくことの辛さを
 生きていくことの喜びを
 生きていくことの楽しさを

 行き場のない「悲しみ」は
 「時」の引き出しにしまっていこう
 
 一生懸命生きること 仲間がいるからできる事
 できる事から始めよう

 笑顔に救われ 笑顔を返す
 当たり前だった毎日を
 みんなでもう一度取り戻そう

 みんなでもう一度歩みだそう




カフェ・ムロの、カウンター席に置いています。
是非手に取って、読んで見て下さい



そして、以前ちらっとこのブログで提案した「誰かが誰かのサンタクロース
言ってみたものの、どう展開すればいいのか悩んでポシャリかけていましたが・・・

先日、以前何度かご紹介した、ハーモニカ奏者「八木のぶお」さんのライブで、
いつもセッションされている「アニキ」が奥様と来店して下さいました
そして、「アニキ」と奥さんとお話しを色々していて、ひょんな事から、
「誰かが誰かのサンタさん」話になり、ムロのギャラリーで「アニキ」のライブを、
チャリティーでして義援金を、これから厳しい冬が訪れる被災地(東北・紀南)に少しでも、
送れたらと・・・言って下さり、やる気が俄然出てきたムロママです

ライブは、日にちだけ決まっていて、12月23日(金・祝)です(詳細は近日中に)
良かったら、予定を明けておいて下さい

そこでもう1つ、お願いの提案が・・・
物作りが好きな皆様、被災地の方の為に、
チャリティーで作品を提供していただけないでしょうか
12月15日まで、勝手なお願いなのですが、いただけたらと・・・
ブログで作品をご紹介して、16日(金)~23日(金・祝)まで、
ムロの店内で展示販売させていただき、売上を義援金にさせて頂きたいと思っています。

作品出してもいいよ~と、思って下さる方は、ムロママまでご連絡お願いいたします

震災から何ヶ月過ぎても、まだまだ厳しい生活を強いられている皆さんに、
少しでも何か出来たらと想って
どうぞ、ご協力お願いいたします。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

もちろん(^O^)/

そらまるや、もちろん、チャリティーに、作品提供いたしますo(^-^)o

そらまるや様

「ありがと~e-415e-452e-266
誰も、参加して下さらなかったら、どうしよう・・・って思ってました。
嬉しい~e-415

よろしくお願い致しますe-466e-266
プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。