スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親も勉強しました!

昨日の日曜日は、息子の学校の「日曜参観日」でした

学校開放週間の期間中の、授業参観で終日学校を見学出来るのです
IMG_2544.jpg
*息子の学校の校舎の壁面に描かれた「桃と紀の川」のイメージ

さて、プログラムの内容は・・・(息子のクラス)*各学年クラスで授業内容は異なります。
1時間目・・・算数(円の面積)
2時間目・・・道徳(プライバシー)
3時間目~4時間目・・・学校の環境整備(清掃奉仕)
昼休憩(給食) 父兄は持参弁当か帰宅
5時間目・・・体育(跳び箱・長縄跳び8の字跳び)
放課後・・・講演会(父兄自由参加)

普段、中々見れない、学校生活
今日は、日曜日でもあり、ゆっくり息子の学校生活を見れると、
1時間目から最後の講演会まで、見させていただきました

担任の先生の授業の取り組みで、授業内容により、教室の机の配置も換えて、
2時間目の道徳の授業では、時間内、必ずみんな意見を発表する
全員参加で進められ、人が発表する時は「やさしい気持ちで聴く
そして「愛づちを打つ」
この「愛づち」=相づちの事なのですが、子ども達が考えた言葉だそうです。
ただ「相づち」を「うん・うん」と打つのでは無く、「愛」を持って「愛づち」を打つ
「君の言ってる事、ちゃんと聴いてるよ」って事

これって、とっても大事です

午後からの「講演会」は、Kids First カウンセリング代表の、
『中本久美(なかもと ひさみ)先生』をお招きして。

「親の言い分(おやのいいぶん)、子どもの言い分(こどものいいぶん)」
  ~心の架け橋を架ける「親業」から学ぶコミニュケーション~


と、題しての講演でした。
子ども達が考えた「愛づち」にも当てはまりますが、
言葉のキャッチボール(コミニュケーション)をちゃんと、するにはどうしたらいいのか、
和歌山弁で、本当に普段行われている、親子のやり取りを例題に、
教えていただいたのですが、正に悪い例題の事を、思いっきりやっている自分に気づかされました

普段、スウさんの本を読んだり、先日のワークをしてもらったりして、
言葉の大切さを、凄く感じてるのに、実際は・・・・・

講演を拝聴して、ますます言葉のキャッチボール、コミニュケーションの難しさを感じ、
だから、昨今の怖い事件や、私たちのまわりでも、コミニュケーションが上手く行かずに、
心悩んでいる人が多いのが、よく分かり、人が癒しを求めるのも頷けます。

もっと、もっと子どもの言葉(人の言葉)に「うんうん」と、
ちゃんと聴いて「愛づち」を打てる様に、勉強しなくてはと思いました。

中本久美先生は、2年前にも学校に講演に来て下さったそうです。
「そうです」・・・と言うのも、昨年PTAの役員をするまでは、息子の授業参観日でも、
お店は営業して、授業参観の時間1時間だけ、チラッと見に行っていました。

なので、懇談会はもとより、講演会も行かなかったのです。
講演会の参加が少ないと、その時の役員さんから「嘆き」を聞いていました。

息子も高学年になり、自分も役員になった事もあり、学校の授業参観の日は、
店を休み、授業参観・懇談会・講演会に参加させてもらうようになり、
子どもの授業を見に行くのですが、息子の成長や、自分がいっぱい気づきをもらい勉強になって、
私自身、息子を育てて行くには大切な勉強の日でもあるのです。

時間が許されるなら、他の多くの父兄の方も、
もっといっぱい講演会の方にも参加されたらいいのにと思ったのでした

講演会の間、図書室で待っていてくれた息子に、
「今日の講演会は、こんな話を聞いて、ちゃーちゃん、悪い例題のお母さんやったわ~」って、
講演会でお話ししてくださった事を、家で話して、そこからまた親子で色々話す時間を持てました

歳をとってからの子育て、まだまだ『親業』12年目、まだまだです。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

気づきのこころ

ママさんのように素直に反省して
それを糧にさらに勉強して行かれる
息子さんが素直に育っているのがよく分かりました
素敵な親子関係ですねv^-^v

愛づち

ええ言葉やね♪
若い時に産んで若くして子離れが出来るのは嬉しいけど、もう一度人生をやり直せるなら、もう少し年齢がいってから子育てをしてみたいわぁ。

そうすれば、ムロママさんのようにもっとちゃんと子どもと向き合って素直に育てられたかなぁと(^。^〃)
まだまだ子育て真っ最中のムロママさん!
これから大変なこともいっぱいあると思うけど、ガンバレ~(*^▽^*)

いいね!

愛づち・・っていいね!

考えさせられる・・・・・・・・(>_<。)

鈴蘭様

いつも「ありがとうございますe-415

いい歳をして、ただただ、必死なだけでe-330

でも、学校でいい先生を招いて講演会して下さるのに、
もったいないな~って想いますe-441

改めて、言葉、コミニュケーションって大切で、
とっても難しいですねe-284

チク様

子どもと向き合って素直に育ててますか~e-3e-449

ほんま、ただただ必死e-330なだけですよ~e-330
若くて、子どもの人数も多いお母さん方のほうが、
はるかに偉いし尊敬するわe-460e-420

お陰様で、息子の方は、子どもみたいな親で、
反対に、しっかりしてきてくれてますe-264
何ってたって「アルツハイマーって」来てますから・・・e-286

息子が独り立ちするまでは、元気でいなきゃですe-271

mimi様

ええ言葉やろ~e-278e-420

「愛づちe-415」打てる人になりましょうe-446e-420

子ども達って、やはり天才e-284e-267
プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。