スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かったです^^!

いよいよ夏休みも終わりですねまた、笑ってる)

そんな夏休み最後の日曜日、息子と、ともちゃんと
和歌山城で催された、こんな企画に行って来ました
IMG_2431.jpg
会場が、和歌山城の天守閣と言う、日本でも初めてじゃないかと言う、
落語会・・・その名も『とのさま寄席』
(往復はがきで申し込み、抽選で当たった方のみ

落語会って、なかなか行かないですよね、そして和歌山城も・・・
和歌山県人でありながら、和歌山城の天守閣に上がった事がありません

なので、この企画を知った時、面白いな~と思って、息子に行くか聞いてみました

最近、色々と積極的になって来た息子(親目線)、「行こか~」って
と、言う事で、申し込んだのでした

さて当日、いざ和歌山城へ
お城の、西の丸広場では、出店やフリマ、特設舞台では、若い子達のパフォーマンスを、
やっていて、ちょいとおやつ(たこせんや、コロッケ)買いました

ほんと、和歌山城初めてづくし
IMG_2418.jpg
がお奨めの「紅葉渓庭園」
お茶席もあります

IMG_2424.jpg
御橋廊下も渡った事がありませんでした。

IMG_2422.jpg
昔の人は、ここを渡っていたのですね~
  渡る前に、ともちゃんから「この橋、足の裏痛いで~」って・・・
  傾斜があるので、下から見るとこうですが、渡りきって上から見ると
IMG_2423.jpg
板を重ねていってるので、この継ぎ目の段々が、
足の裏に痛い(健康なら痛くないのだろう・・・)のです(健康サンダルみたいな廊下)

二の丸広場では、すでに「落語茶屋」が始まっていました
IMG_2425.jpg
『とのさま寄席』の開演時間の5時半まで、ここの茶店で、
甘いもの(なつかしい「ひやしあめ」や、「わらびもち」「かきごおり」)など、
いただきながら、落語を聴かせてもらいます。

そして、登城時刻になり、目指せ天守閣
IMG_2426.jpg

IMG_2427.jpg
汗をかきかき

IMG_2429.jpg

IMG_2430.jpg
築城されてから3代目の和歌山城(落雷や、戦火で消失)
落語が始まるまで、「和歌山城語りべ倶楽部」のメンバーさんにより、
和歌山城の歴史や、興味深く、面白い見所(石垣に桃の印があるとか色々)の、
お話しがあって、またゆっくり発見しに行かなくては

場内は撮影禁止だったので、どんな感じだったかと言うと

天守閣の階、半分を会場にしてあり。
葵の御紋の垂れ幕の前に、高座が据えられ、客席には座布団が、ぎっしり。
天守閣からの、素晴しい眺め、そして時折、心地良い風が吹き込み、
中々いい感じ
50人位だったかな(1番前に陣取って聴きました

桂米朝門下の、若手落語家さん3人による高座は、
元気でパワフル
すぐ、その話芸に引き込まれ、クスっと笑ったり、涙が出るほど笑ったり、
隣の息子も、時に神妙に、時に大笑い
(吉本やお笑いが大好きですが、落語は初めて
楽しかったようです

そして、大満足の「落語」の後は、時間が間に合ったので、
マリーナシティーの花火を見て、夕食は大好きなを食べに行き、
盛りだくさんに、夏休み最後の日曜日は終ったのでした








スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

v-410和歌山城って近い分なかなか行かないですね。
私も今年の元旦に初日の出を見に行ったのが何十年ぶり?
だったんですよ。
「とのさま寄席」載ってましたね。
「落語」っていいでしょう!
私も大好きですv-424
枝雀さんが特に好きだったので、落語の会員になって
市民会館によく聞きに行きました。
枝雀さんは身振り手振りが激しいので
聞く、見る同時です(笑)
今はDVDで見ていますv-411
最終の夏休み、盛りだくさんで良かったですね

鈴蘭様

私も枝雀さんが好きでしたe-415

この日の落語家さんのお一人が、身振り手振りが、
大きくて、後で枝雀さんのお弟子さんだと分かり、納得e-284
師匠を彷彿させる、高座でしたe-343

大学生の時、難波で歩いていると、後ろから何やら、
ぶつぶつ話しながら歩いてくるおじさんがいて、
変なの~って、見るとe-317、枝雀さんでした。

歩きながら、落語をぶつぶつ話していたんですよe-446

^0^*

うわぁ~楽しい日曜日を過ごしてたんだね~^0^*
ともちゃんとマコちゃんと楽しんできたんやぁ~><*
落語.....テレビでしか聞いた事ない^0^*
やっぱ生はもっと楽しくて笑えるかな><*
ひやしあめにわらびもち...美味しそう~♪
和歌山城...私凄~く長い事行ってないの~^。^:
近くて行こうと思えば直ぐ行けるのにね~^。^:
久しぶりの和歌山城を見せてもらえて嬉しかったよ~^0^*
やっぱ ともちゃん、動物園にはどうでしたか??^0^*

emikoちゃんへ

この日、ともちゃんe-343は、確か午前中動物園の動物ガイドをしていたと思う・・・e-454

そしてまた、今度は落語へe-125e-282

生の落語は、本当に面白かったよ~e-257
息子も大満足で、またあったら行くよきっとe-284

お城も、たまにお散歩にいいよe-134e-134
プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。