スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレギャラリー「読書の秋」編!

3連休お疲れ様でした
この時季、運動会や稲刈り、はたまた行楽と、もちろんお仕事された方も
みなさんお忙しい連休だったんじゃないかな~。

気候も、随分「秋」らしくなって来て、
朝方なんて寒いくらい
ぬくぬくお布団にくるまれて、寝るのが気持ちよくて、朝起きるのが嫌ですね~

カフェ・ムロの「トイレギャラリー」も、
「読書の秋」バージョンになりました
展示本は、この間金沢で買ったお土産本達です
2010_0921画像0004

上段は、「あうん堂」さんで買った、「キャッスル」と「ピラミッド」
どちらも、お城やピラミッドが完成される様子や色々なエピソードを、
細部まで緻密に描かれた絵本で、少年や男性が好きなんじゃないかな~

下段は、先日「本」の紹介で取り上げた「ピンクがすきってきめないで」
2010_0827画像0005


左が「The Giving Tree」シェル・シルヴァスタイン著
(カフェ・ムロに置いているのは、ENGLISH/JAPANESE)
2010_0827画像0008
昨日の「和歌山新報」の「宮脇書店和歌山店 児童書週間ランキング」7位に入っていて、
「今週のピックアップ」に取り上げられていました。
「宮脇書店」のは、日本語版で、日本語題名は「大きな木」です。
日本語版の新訳は、「村上春樹」さんが手がけられたそうで、あとがきが必見だと、
「新報」さんがコメントされているので、ムロママも日本語版と読み比べてみたいと思っています。
(英語の題名は内容を、直に表していて、日本語の題名は、翻訳した方のイメージが現れている感じ
早く読み比べたいな~

そして右は、「たね、そだててみよう」です。
ヘレン・J・ジョルダン作/ロレッタ・クルピンスキ絵/さとう・よういちろう訳
2010_0827画像0006
題名そのままの絵本なんですが、「絵」がいい~
難しくなくて、子供目線で描いてくれてて、楽しみながら植物の不思議な力と、
子供の何故を育ててくれる科学の本でもあります。

「トイレギャラリー」では、本以外でも「秋」を楽しめます
2010_0921画像0007

こんな虫かごも
2010_0921画像0005

是非、連休の疲れを癒しに、「まったり読書」に来て下さいな~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

絵本と言っても色々あって、本当に楽しいですよね。
私は絵が全くいけないのですが、見るのは大好き。
個人的にファンクラブに生涯唯一今も入っているのが
『永田 萌』さん(本当は草かんむりに月二つが正しい名前)
歌手にも俳優にも興味無し。モエさん一筋v-238
絵本よりはイラストレーターに傾きつつありますが、・・
語ると長いよ。デビューからの思いですから。

モエさんと出会った『詩とメルヘン』が廃刊になり
今は91歳のやなせたかしさんが個人的に立ち上げられた
『詩とファンタジー』を創刊から買い続けてます。
ときどき見えるところに私もそんな本を飾って見てます。
アンパンマンと『詩とファンタジー』のバランス。
子供じゃない大人の抒情の世界そのものです。

ごしさんとこのみちよ様

なんか、「ごしさんちのみちよさん」には、毎度同調する所がいっぱいe-420

私も「永田萠さん」が好きで、「妖精の季節」や「たまゆら」の画集を持っていますe-415

ごし邸に一度お邪魔しなくては・・・
きっと、好きな物がごろごろしてそうですねe-446

No title

読書の秋かぁ~i-179
食欲の秋Maanaですi-278
雑誌ばっかり読んで
本を読まない私ですが・・・
今度ゆっくり読みに行くよi-179

ma-naちゃんへ

雑誌か~e-454
反対に美容院に行った時くらいしか、読めへんな~e-350

たまには、雑誌を見て、おしゃれの勉強もせなあかんねe-284
ファッションを楽しむ「秋e-133e-420」でも、あるしねe-124

また、お買い物付いて行って、教えて~e-415

読みました

先日お邪魔したときにピンクがすきって・・・を読みました
おもしろかったv-20
子供を型にはめてはいけないなと思いましたv-14
他の本は連れに「えらい時間かかるトイレやなぁ」と思われないようにあきらめてしまった。また読みに行きたいですv-21

mimi様

アハハハ・・・e-257
お手洗い中に、読んだのですか~e-3

次回は、お一人でごゆっくり読みに来て下さいなe-415
プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。