スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勉強グルメ!

今回の「八ヶ岳」への旅行の目的は、もちろん大好きな「八ヶ岳倶楽部」へ
ですが、もう一つ「八ヶ岳倶楽部」から、程遠くない山梨県北杜市にある、
「くじらぐも」さんと言うカフェに行きたかったのです。
2010_0721画像0044
カフェ&レストランの雑誌に、ちょくちょく出て来る、自然派カフェです。
無農薬野菜や自家製のジャム、みそ、パンなど自給自足?
(地域の仲間達と色んな事を、提案してお味噌を作ったり、ジャムを作ったり・・・etc)

農家の古民家を改装して、やぎも飼っています
2010_0721画像0046
めっちゃ、いい天気で(真っ白、白~な写真

で、気になるランチは
2010_0721画像0040

2010_0721画像0042
旬のお野菜を、色々工夫して、素材を大切にした、手のかかったお料理でした。

2010_0721画像0043
ルバーブとすもも、ブルーベリーソースのココアケーキ

ほんと、評判のお店で、少し辺鄙な場所(ムロも同じか~)にも、
関わらず、お客様がいっぱいで、予約してて良かったです

ただ、いつも便利で快適な生活をしている我々・・・
暑ければクーラーの効いた部屋で過す昨今、「くじらぐも」さんでは、
昔ながらで、クーラーも扇風機もありません
あるのは、昔ながらの日本家屋の流れる風と、ぱたぱた団扇

お食事も、味の濃い物やジャンクな食べ物が多く、慣れている我々。

「食の安全」や「輸入に頼る日本の食生活」、「食糧危機」、
食による病気「アレルギー」「成人病」などなど・・・
本来そして、近い将来、こう言う生活に戻らなくてはいけないのでは・・・
などと、色んな事を考えさせられ

実際、息子なんて、あまり食べなかった
カフェとして、その意味合いを分かった方々には、素晴しいカフェだけど、
まだまだ一般的には、難しいのかな

「くじらぐも」さんのHPポチッとクリックしてね



そして、お泊りしたペンションの奥さんに教えてもらった、お奨めカフェ

2010_0722画像0050
こちらも、古民家を改装されたカフェ「engawa cafe」さん
ここも、やぎを飼ってらして、今、やぎを飼うの流行ってるの~(DASH村の影響

2010_0722画像0048

こちらも、素材にこだわり、極め細やかな手仕事をされていました。
置いているアンティークな雑貨(販売もあり)や、インテリアの色々なあしらい方が、
私も好きだし、後輩Mっ子(超アンティーク好き)なんて、もう喜んで、
雑貨も目の色変えて買い込んでました・・・

2010_0722画像0053

2010_0722画像0051 2010_0722画像0054 2010_0722画像0055

2010_0722画像0061 2010_0722画像0063

ここは、ピザやラーメンだったので、麺好きな息子も大満足
2010_0722画像0065
ラーメン大好き~小池さ~んならぬ、Mく~ん

2010_0722画像0066
ムロママの頼んだ、PIZZマルゲリーターMに半分食べられました・・・

2010_0722画像0069
アイスミルクティーも、レトロなグラスで、かわいかった

「engawa cafe」さんのHPポチッとクリックしてね




今回の旅行で、「八ヶ岳倶楽部」にしても、この2件のカフェにしても、
はたまたお泊りしたペンションにしても、接客業について、お料理、インテリア、庭などなど、
いっぱい考えさせられ、いい刺激を受けて、いいお勉強をさせていただきました。

もっともっと、がんばらねばと、反省しきりのムロママでした






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ヤギ・・たしかにいる☆

私の興味のある カフェやパン屋 さおり織の庭にもヤギがいる
農薬なし 草狩り機なしで草を排除してくれるから!?

たしかにMくん食べるものがないってのわかりますねぇ~
私も那覇でいったカフェは 手のこんだお料理やのに 私でさえ
食べにくかった・・・
天結は子供も食べるけど・・・
インスタント 安い外食が氾濫してる今 すぐにこのよさをわかってくれるのはむずかしやろけど 大人になるに連れ わかってくれることを願ってます

mimi様

今回の旅行は、色んなお勉強が出来ましたe-441
それを、どう生かしていくか・・・
日々精進ですe-271

Mに関しては、こんな「こじゃれたワンプレート」より、
酢の物だったり、煮物、味噌汁など「うめ~e-349」なのですe-264
はっきり言って、じじいですe-456e-343
プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。