スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回水野スウさんをお迎えして!

お知らせが大変、大変遅くなってしまいました
水野スウさんをお迎えしての『Cafe muro inまったり紅茶』のご案内です

2年ぶりにスウさんに来ていただいて、今回第3回目の言葉のワークショップになります
IMG_2514.jpg

皆さん「ほめ言葉のシャワー」って冊子御存知でしょうか
NHKのクローズアップ現代でも取り上げられた素敵な冊子なんです

その冊子は、スウさんが自宅を開放して始まった「紅茶の時間」から生まれた物
今年で30年続いていて、毎週水曜日の午後されています。
そんな長い年月で、1度も誰も来なかった週が無いと言う誰でもどうぞの時間と場

ムロママもご縁あって、「ほめ言葉のシャワー」に出逢いました
読んでみて、こころがホッとした、幸せな気分になった。
そんな私の気持ちを皆さんにおすそ分けしたくて、お店に冊子を置かせてもらう事になり
今尚、自分用やプレゼント用に買って下さるお客様が絶えません

そして、実際スウさんに逢う事が出来ました。
その時の、お話を聞いたり、聞いてもらったりしたひと時が
すっごく居心地が良くて。

日ごろ、皆さん、本当に頑張ってはるとつくづく思います。
お仕事、子育て、人付き合い、いつも元気にされて頑張っていらっしゃる方も、
そして、病気や怪我をされてる方々は、きっとその心の中で
色んなものと戦っていたり、悩んでいたりしていると・・・
そんな皆さんに、少しでも心潤う時間をと願って、スウさんに「出前紅茶」をお願いしました。
IMG_2743.jpg
詳細は下記の通りで開催します

言葉のワークショップ
『Cafe Muro inまったり紅茶vol.3』
~水野スウさんをお迎えして~
・日時:9月2日(月)AM11:00~PM2:00位まで(お時間許せばもう少しOKですよ・・・)
・会費:¥2500-

月曜日は定休日ですが、特別にカフェ・ムロを開放して
ゆっくりスウさんを囲んで、お話したりしませんか?
今回、お昼時間帯にして、みんなで1品持ち寄りのお食事をしながら
ほっこり時間を楽しみましょうよ~
1品なんて、何でもいいです
お手製のお漬物もいいし、おかずだって、お菓子だって何でもいいです。
ムロママもご飯やお汁、あと何品か真心込めて作ります


スウさんを囲んでの時間を、是非
「紅茶の時間」の30年とは比べられませんが、回を重ねて続けていければと思います
みなさんのご参加お待ちしています
第1回目も、2回目も来たいけれど都合が合わず来れなかった皆さんも
御都合が、合えば是非お越しくださいませ

前回の様子「まったり紅茶①」
          「まったり紅茶②」



お申し込み、お問い合わせはカフェ・ムロまで0736-66-9535

IMG_2334.jpg



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。