スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいお土産話!

昨日、小市さんの『愉快な銅具展・in京都』に、ムロのお客様が、
初日に早速行かれ、Getされた作品を見せに来て下さいました

IMG_5239.jpg
Getされた作品は、毎度ながら愉快
特に、真ん中の「サンマを鷲摑みしている、ねずみさん」の
得意満面の笑顔が、めちゃ面白い事
実は、これも「花器」なんですよ~

IMG_5244.jpg
サンマもリアルで、旬なぷっくりした脂が乗ってそうなフォルム

まだ、まだ11日(火)までやってます
小市さんも期間中、在廊されてそうなので、お話を伺ったり、
サインもいただけそうですよ

行かれた、お客様いわく・・・
「会場の作品、お金があったら全部買って帰りたかった~
めっちゃ良かったと喜んで下さって、ご紹介出来て良かったです

心が、フッと愉快にしてくれる、小市さんの銅具達、
その素朴な器や小物に、野の花を活けて・・・
そして、ぷぷって笑って下さい
IMG_5241.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ほんとに

見ているだけで、微笑んでしまうユニークで楽しい作品♪
どこが花器!?って思ってたら、サンマの頭が外れるようになってるんやね(*^^)
アイデアがすごいなぁ。

わたしもお金があったら、会場の作品全部買ってしまいたい衝動に駆られそう(⌒▽⌒)

チク

本当に「愉快」でしょ~e-343
作者の小市さんは、シャイでやんちゃな心の持ち主e-420
でも、腕前は凄いe-271

一度、生で作品みてもらいたいですe-454

チク

ひえ~e-447e-330
コメント返しが、呼び捨てに・・・e-286

ごめんなさ~いe-459e-330
プロフィール

cafemuro

Author:cafemuro
 ようこそ Cafe Muro へ

 正式名称は「桃里遊庵 無漏(とうりゆうあん むろ)」です。

 店名の由来は、仏教用語で“有漏(うろ)”は煩悩の世界。

 “無漏(むろ)”は悟りの世界。
 日頃の諸々のわずらわしさから離れ、桃の里の遊ぶ庵でのんびり、
 ゆったりした時間を過ごしてもらえたら…と命名しました。

 木の温もりたっぷりのログ、そして四季折々の周りの景色、
 お気に入りの雑貨と絵本。

 お母さんが、家族を思って、より安全な材料(自家製有機野菜を中心に、オーナーの実家金沢の契約農家より、減農薬、白山の雪解け水で育てられたお米を取り寄せ)和歌山では珍しい加賀野菜も加え、いろいろな野菜や果物を召し上がっていただくように、ひとつひとつ手作りしています。

 店名の由来通り、ゆっくり Cafe Muro をお楽しみください。

 和歌山県桃山町最上 757-39 Pあり
 営業時間: 9:00 ~ 17:00
 営業日:火~土
 定休日:日、月曜日
 0736-66-9535

*ムロママ1人でやっていますので
ランチは予約優先にさせて頂いています。
よろしくお願いいたします。


日々の細々したお話を
リンク先FBの「cafe muro」でアップしています。
みて下さいね♪


(1月の予定)
新年は1月5日(火)より平常営業致します。

1月24日(日)フォトコンシェル「モデル撮影会」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。